Canon

EFマウントとお別れしたので、懐古(解雇)記事をしたためてみる

X-T3を予約し、CanonとFUJIFILMの併用から、FUJIFILMに一本化することを決めました。

今後のメイン機種はX-T3、サブ機がX-E3となります。

本記事の写真は全て、今回手放すことになったEFマウントのレンズで撮影しています。

写真を見返しながら、とても感傷的な気分になってきました。懐かしいなぁ。

そういえば、昔の写真はあまり記事に上げないので、「abcって一体何を撮っているんだ?」と思われていたかもしれません。

ラインナップ

本記事で撮影した写真は全て下記のどれかで撮影しています。

ボディ

Canon EOS 5D markIV
Canon EOS 6D
Canon EOS 80D

単焦点レンズ

TAMRON SP 35mm F/1.8 Di VC USD
TAMRON SP 85mm F/1.8 Di VC USD
SIGMA 50mm F1.4 DG HSM
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM

ズームレンズ

Canon EF16-35mm F4L IS USM
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2
TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2

さあ、見ていきましょう。とにかく見て欲しいです。いい写真が、思い出がいっぱいです。

TAMRON SP 35mm F/1.8 Di VC USD

一番のお気に入りだった単焦点レンズです。特に料理の写真で大活躍でした。

TAMRON SP 85mm F/1.8 Di VC USD

ポートレートに最適な85mmです。タムロンらしい柔らかな描写が特徴。

SIGMA 50mm F1.4 DG HSM

タムロンの柔らかな描写とは対象的に、カリカリした描写のSIGMA。

SIGMA 135mm F1.8 DG HSM

50mmと同じく、カリカリした描写が特徴。中望遠という特徴からなのか、気が付くと縦で構えてしまうレンズ。

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2

手ぶれ補正が付いた大三元の標準ズーム。どんなシーンでも大活躍。万能でした。

TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2

強力な手ぶれ補正が付いた大三元の望遠ズーム。その威力は本当に強力で、とりあえず持っておけばいい感じに撮れちゃう感溢れる1本。

Canon EF16-35mm F4L IS USM

海で撮るために買いました。一番使うことが多かったズームレンズです。手ぶれ補正が効くので夕方はこれ一本あれば何とかなりました。

松本城の写真では、星までしっかり写してくれて感動的でした。

まとめ

EOS 6D、EOS 5D markIV、EOS 80Dと3機種を使いながら、充実したフォトライフを送ってきました。

今まで使ってきたEFマウントのみんなには、感謝の気持ちでいっぱいです。

・・・でも、それはそれ。これはこれ。

今後は新たな相棒X-T3と共に、今後も充実したフォトライフを送っていきたいと思います。

ちなみに、TAMRON SP 85mm F/1.8 Di VC USDは知人に売りましたが、残りは全てみんなの防湿庫ことマップカメラさんへお預けしました。

全てワンプライス買取となり、総額で「580,138円」となりました。

浸かっていた沼の深さを思い知りました。控えめに言って、ヤバい。

ようやくフジの樹海へ両足を踏み入れることができます。

次に使用される方へ。

みんな良い子です。どうぞよろしくお願いいたします。

今回の機材

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA