X-E3

FUJIFILMの無意味な『お気に入り』機能を改善して欲しい

X-E3を購入し、FUJIFILMユーザーとなって早半年。

FUJIKINAのX-E3タッチ&トライコーナーでお話を伺ってから、ずっ〜〜〜っと気になっていることがあります。

それは、『お気に入り』を付けてもLightroomでは反映されない問題です。(正確にはLightroom以外も。)

X-E3だけの問題ではありません。私がX-H1やX-T2への乗り換えを躊躇う理由の1つがこれです。

FUJIFILMユーザーさん、『お気に入り』の使い方をご存知の方がいらっしゃったら教えて下さい。

はじめに

今回は若干蔑ろにされている感のある『お気に入り』機能について、必要性を訴えます。これだけは譲れません。

FUJIFILMのカメラには『お気に入り』という機能があるにも関わらず、実質的には無意味な状態のまま実装されるのが現状です。

FUJIFILMユーザは『お気に入り』を使わないの?ぶっちゃけ現状じゃ形だけ搭載された無意味な機能だよね?というのが正直な感想です。

本記事を書くにあたり、FUJIFILM公式のXセミナーに出席したり、六本木の東京サービスステーションやCP+で質問してみたり、説明書やX-E3のムック本を確認しています。

そこで、わかったのが今の『お気に入り』は無意味ということ。早く改善して欲しいです。

改善希望順序はこんな感じです。

要望
  1. カメラの『お気に入り』をWindowsやLightroomと同等にする
  2. スマホアプリでも『お気に入り』を付ける
  3. X RAW STUDIOに『お気に入り』のソートやフィルター機能を付ける

※Canon機とLightroomを使っているので、個人的には『レーティング』という表記がしっくりきます。本記事ではできるだけ正しい表現に努めていますが、例え間違っていたとしても、どの表記でも言いたいことは同じです。どうか温かい目で見てください。

そもそも『お気に入り』とは

いきなり『お気に入り』と言い始めても、なんのこっちゃ???ってなるので解説を。

『お気に入り』とは、5段階の星マークで写真に評価を付けておける機能。メーカによって呼び方が変わりますが、CanonやAdobe Lightroomでは『レーティング』、Windowsのエクスプローラでは『評価』に相当する機能のはずです。

☆☆☆☆☆ 無評価(撮影後のデフォルト状態)
★☆☆☆☆
★★☆☆☆
★★★☆☆
★★★★☆
★★★★★ 最高評価

繰り返しになりますが、FUJIFILMのカメラには『お気に入り』という機能があるにも関わらず、実質的には無意味な状態のまま実装されるのが現状です。

使う人、使わない人がいるのは理解していますが、機能として実装している以上は、使い道があるように実装して欲しいです。。。

『お気に入り』の使い道

『お気に入り』機能では、「カメラ本体もしくはスマホ/タブレットの連携アプリで★を付けることで、スマホ/タブレットやPCへの撮影データ読み込み時に、取捨選択を楽にすること」が目的です。(と、考えています。)

撮影した写真がどれも素晴らしいものであったとしても、後から見返したときに「あの写真どこだっけ?」とわからなくなることがあります。撮影した写真に失敗したものが大量に含まれているとしたら尚更です。

それを解決する手段の1つが『レーティング』『評価』『お気に入り』といった機能です。

  • 『レーティング』LightroomやCanonの表記
  • 『評価』Windowsの評価
  • 『お気に入り』FUJIFILMの表記

★★★☆☆で検索したりして、目的の写真に素早くたどり着きます。

私の場合、ブレてなくてピントも合っていればとりあえず★☆☆☆☆を付けておきます。これをやっておくだけでも、後から見返すときにかなり楽です。

ちなみに、★★★★★はなかなか付けません。本当に完璧だと思ったときだけ付けます。せいぜい★★★☆☆止まり。

カメラで使う『お気に入り』

カメラ内で撮影画像を確認して、「これは傑作だ!」と思った時に使います。傑作でなくても、「後ですぐに見つけたいなぁ」というとき、ありませんか?

そんなとき、『お気に入り』で★を付けておきます。

撮影した瞬間や移動中の空き時間等、この機能を使うことで後々の写真整理が楽になります。

Canonであれば『レーティング』に相当します。EOS 5D markⅣの場合には、レーティング専用の[RATE]ボタンが用意されていて、付けたい★の数だけ連打すれば、★が付きます。後から見返したときにとても便利です。

ミニマリズムが売りのX-E3に「専用ボタンを搭載しろ!」なんて野暮なことは言いませんが、『お気に入り』は機能全くもって無意味な機能となっているので、ある意味ミニマリズムに反しているなぁと思っています。

スマホやタブレットの連携アプリに期待する『お気に入り』

現状はFUJIFILMの専用アプリに搭載されていない機能で、非常に残念に思っています。Canonでは当たり前にできていることです。

※iPhone版とiPad版のアプリでは確認しておりますが、Android版については未確認です。予めご了承ください。

どんなことを期待しているかというと、やりたいことはカメラ内と基本的には同じです。「これは傑作だ!」と思った時に使います。

カメラの液晶画面よりも、大きい画面で画像を確認したいことがあります。特にピントの確認は、大きい画面のほうがスムーズに確認できます。

Canon機と専用アプリのCanon Camera Remoteであれば、アプリ内で『レーティング』を付けることができます。さらに、『レーティング』で写真のソート(並び替え)もできます。

しかし、FUJIFILMの「FUJIFILM Camera Remote」では、『お気に入り』を見ることも、付けることもできません。非常に残念でなりません。

Canonのアプリはかなり使いやすいと思うので、是非パク・・・見習って欲しいです。

PCで使う『お気に入り』

撮影データをPCに取り込んだら、全てチェックをしますか?私はできるだけしたくない派です。

そこで、Lightroomであれば『レーティング』を使用します。あらかじめカメラやアプリで★を付けておけば、写真の管理がとても楽になります。

基本的にはSDカード/CFカードからデータを読み込むと、当然ながら『レーティング』のデータも一緒に読み込んでくれます。

読み込んだデータを『レーティング』でソートしてしまえば、撮影時から目を付けておいた写真へのアクセスもすぐです。

でも、本当に残念なことにFUJIFILMの『お気に入り』ではこれができません。FUJIFILMのカメラでいくら★を付けても、Lightroom上でも、Windows上でも反映されません。

さらに残念なことにFUJIFILMの純正RAW現像ソフトであるX RAW STUDIOでも、対応していません。(そもそも『お気に入り』なんてメニューはありません。)

現状は、ポチポチと1枚1枚確認しないといけません。つらい。

一体、FUJIFILMの『お気に入り』は何をしているの?

ここまで読んでくださった方はきっと気になっているはず。

じゃあカメラの『お気に入り』ってなんなの?

正解はわかりません。

カメラで『お気に入り』を付けたところで、スマホでもPCでも使い道がない。当然、カメラ内で『お気に入り』によるソートもできない。

なぜ使えない機能を付けたんだろうというレベル。

ちなみに、機能として存在している以上、どこかにデータが記録されています。パラメータは見付けておきましたので、暇なときに記事にします。

FUJIFILMは問題を把握しているらしい

CP+でX RAW STUDIOのコーナーにいらっしゃったスタッフにいろいろ聞いてみたところ、社内でも改善点として話題になっているようでした。

スタッフの方の表現では、「FUJIFILMのカメラは方言をしゃべっていて、CanonやLightroomなどの標準語とは違う状態。標準語を話すようにしたい」と。

私に言わせれば、方言なんてレベルではなく、宇宙語を話してるようなものです。

まとめ

お願いします。早く改善してください。何でもしますから!!

繰り返しになりますが、上から順に希望しています。

要望
  1. カメラの『お気に入り』をWindowsやLightroomと同等にする
  2. スマホアプリでも『お気に入り』を付ける
  3. X RAW STUDIOに『お気に入り』のソートやフィルター機能を付ける

改善されたらEFマウント売り払うので、よろしくお願いします!!

[pz-linkcard-auto-replace url="https://dabcphoto.com/entry/xe3-review01/"] [pz-linkcard-auto-replace url="https://dabcphoto.com/entry/xe-3_customize-01/"]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA