コンテンツ改造中につき、一部見えてはいけないものが見えていたり、見えて欲しいものが見えなかったりします。

雑記

【北海道一人旅9日目】小樽~余市~苫小牧

投稿日:2015年10月1日 更新日:

北海道離脱の日

あっという間に過ぎ去ってしまいます。さらば北海道といったところ。

ニッカウヰスキー工場見学

マッサンで話題の余市です。
f:id:akarakeman:20150930232443j:plain
f:id:akarakeman:20150930232444j:plain

ニッカウヰスキーの原点が、ここにある。余市蒸溜所
ここは、竹鶴政孝が夢への出発点として選んだ北の大地。
日本のスコットランドと称される、ニッカウヰスキーの聖地。
創業時と変わらない伝統の技、ウイスキーづくりへの情熱が
力強く重厚なモルト原酒を育んでいます。

www.nikka.com

友人「小樽行ったら6段ソフト食べなきゃだめだよ」

というので、そのお店に行ってみました。

メニューを見てみると・・・

f:id:akarakeman:20150930232446j:plain

むむむっ・・・!?8・・・?

8段ソフトがあるじゃん!!!!

早速注文してみた

f:id:akarakeman:20150930232447j:plain
f:id:akarakeman:20150930232448j:plain
f:id:akarakeman:20150930232449j:plain
f:id:akarakeman:20150930232450j:plain
f:id:akarakeman:20150930232451j:plain
f:id:akarakeman:20150930232452j:plain
f:id:akarakeman:20150930232453j:plain
f:id:akarakeman:20150930232454j:plain
f:id:akarakeman:20150930232455j:plain
f:id:akarakeman:20150930232456j:plain
f:id:akarakeman:20150930232457j:plain
慣れた手つきであっという間に積み上がる

実食!

f:id:akarakeman:20150930232458j:plain

味はよくわからないままでした。ソーダ味が自己主張激しかったですね。

頭がキーーーンとするけど、溶けてくるから早く食べないといけない。

つらい。とてもつらい。

苫小牧からは太平洋フェリー

ひとまず仙台に向かいます。

太平洋フェリー株式会社(たいへいようフェリー)は、愛知県名古屋市中村区に本社を置く日本の海運会社。名鉄グループ傘下で、名古屋 - 仙台 - 苫小牧間において定期航路(フェリー)を運航している。
ファンネル(煙突)のマークは、「太平洋」と「フェリー」の頭文字、TとFを重ね合わせたものである。

太平洋フェリー - Wikipedia

とても大きい。

f:id:akarakeman:20150930232459j:plain

こういう部屋にしました

f:id:akarakeman:20150930232500j:plain
ベッドの上に立ち上がっても余裕がありましたので、閉塞感はあまりありませんでした。

すごく蒸し暑かったですが。
太平洋フェリー 苫小牧(北海道) 仙台(東北) 名古屋 船旅 お得なプラン クルーズ 貨物

北海道で見る最後の夕日

f:id:akarakeman:20150930232501j:plain
綺麗でした。

さらば北海道!!!!

北海道一人旅10日目最終日はこちら

http://akarakeman.hateblo.jp/entry/2015/10/02/080000akarakeman.hateblo.jp

「北海道一人旅2015夏」カテゴリーの記事一覧

akarakeman.hateblo.jp

携行機材

シグマ 30mm F2.8 EX DN MFT マイクロフォーサーズ用 デジタル専用 単焦点 標準

シグマ 30mm F2.8 EX DN MFT マイクロフォーサーズ用 デジタル専用 単焦点 標準

OLYMPUS ボディキャップレンズ ミラーレス一眼用  BCL-1580

OLYMPUS ボディキャップレンズ ミラーレス一眼用 BCL-1580

Kenko 三脚 SV-740 4段 ファミリー向け三脚 SV-740

Kenko 三脚 SV-740 4段 ファミリー向け三脚 SV-740

スポンサードリンク

-雑記
-, ,

Copyright© 海と猫と週末写真家。 , 2019 All Rights Reserved.