Canon

【レビュー】Tamron SP 35mm F/1.8 Di VC USDは料理写真に超おすすめ!

TAMRON SP 35mm F/1.8 Di VC USDを購入しましたが、事前に調べたところレビューが意外と少ない印象でした。

とてもいいレンズだと思うので、それを広めるべく感想をまとめます。

フルサイズ機であることを前提にした記事です。APS-C機等では35mm換算の焦点距離が変わってきますのでご注意ください。

また、記事内の写真は全てストロボ、フィルター、三脚等使用せず、その場の光で手持ち撮影です。画角感を伝えるため、トリミングもしていません。

TAMRON 35mmをオススメしたい理由

35mmの単焦点レンズは、各社しのぎを削っています。その中でも、SIGMAの35mm F1.4 DG HSMは解像力やF1.4の大口径に魅力があり、定番の名玉です。

SIGMAは解像感に定評があり、描写も素晴らしいものがあります。正直とても惹かれました。買おうとも思っていました。

しかし、TAMRONを買ってみて初めてわかる魅力がありました。

私はTAMRON SP 35mm F/1.8 Di VC USDをおすすめしたい!

理由は最短撮影距離20cm!

TAMRONは20cmまで寄ることができます。もちろんレンズの先からではありません。カメラの撮像面から20cmです。

寄っていくと、レンズフードが当たります。それほどまでに寄れる。ちなみに先に紹介したSIGMAでは最短撮影距離が30cmです。

料理には35mm×最短撮影距離20cm

記事タイトルに書いたように、料理を撮る時にその魅力が充分に発揮されると思います。超オススメです。

「料理の周りの雰囲気を入れたい」

「お店が暗くて・・・」

そんな悩みは全て解決。

カフェやレストランで、出された料理をその場で、座りながら撮影できます。立ったり、仰け反ったりする必要はありません。F1.8という充分な開放絞り値で、ストロボを炊く必要もありません。手ぶれ補正も優秀です。

撮影サンプル

あとは実際に見て、判断してください。料理とそれ以外と載せました。全て手持ち、その場の光のみで撮影です。ストロボ、フィルター、三脚等使用していません。トリミングもしていません。

料理

明るいお店、暗いお店、どちらもいけます!

それ以外

少しだけですが・・・

夜景も手持ち(F1.8、SS1/100、ISO2000)。手ぶれ補正もとても素晴らしい。

おわりに

SP 35mm F/1.8 Di VC USDの魅力が伝わりましたでしょうか。少しでも伝わったなら嬉しいです。

私のメインレンズとして、即スタメンレギュラー定着しました。これからどんどん美味しい写真を撮っていきたいと思います。

ちなみに、SIGMAと比較して、価格が2万円ほど安いのも魅力です。私は中古を45,000円ほどで購入しました。

今回の機材

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA